買取後のダイヤモンド

買いとられたあとの手放したダイヤモンドの行方って、気になることってありませんか?まずメジャーなルートは、アジアの経済成長により、海外へ輸出されていくというもので、買取業者から市場に出品され、その後そこに参加していた各国のダイヤモンド商により海外へ旅立っていきます。

中国やインドの急成長により、富裕層の購買意欲が高まっており、とくに大きなダイヤモンドほど海外へ、という傾向が強いようです。

また、買取った業者が販売店を経営している場合にはそのまま国内で再販売されることもあります。

ダイヤ本体にはとくに中古・新品という概念はないので、一般的な宝石店やデパートの販売価格の半額程度で売っていたりするこうしたお店はダイヤモンドをお得に購入するには賢い選択のひとつとも言えます。

また、買取業者から卸業者へ買い取られたダイヤモンドはまた国内での流通ルートに乗っていく場合もあり、ダイヤモンドはそのままの形で製品に加工され、新品ジュエリーとして流通しますが金やプラチナは溶かして再利用されることが多いようです。

こうして、輝きの衰えることのないダイヤモンドは様々な国を半永久的に巡り、約束の証や大切な形見ともなりながら人々を魅了していきます。